広尾スタッフ入力用 のすべての投稿

久々に楽しいライドでした🚲

広尾の町からこんにちは!どうもchibacoです。

これまで広尾商店街にいるローディーさん達のお話を色々してきましたが、
この人のことを忘れてはいけませんでした(-_-;)ごめんなさいm(_ _)m

広尾商店街のホームページを一緒に携わってくれているローディー君がおり
私よりもストイックでかつ楽しくバイクに乗られてる方です。

初めてお会いした時は、社会人とは全く思わず大学生なんだと勝手に思い「大学生ですよね?」と聞いてしまいました。(あの時は、大変失礼致しましたm(_ _)m)

 今回は、そのローディー君の甘~~い誘いに乗ってしまい峠まで連れて行かれたお話です。

広尾商店街のホームページは、数名で運営しており、月に1度会議をして「この部分をこうしよう」「あそこは、〇〇にしよう」と皆で話合いをしています。
そんな中にオブザーバー的にいるのが今回のローディー君です。
前回の打合せのあと、今度一緒にライドでも行きましょうと軽くお話をしていて、「是非行きましょう(^▽^)/」なんて軽く言っちゃったんです。

でもってローディー君から「初心者の子も一緒にライドに行くのでchibacoさんもいかがですか?今回のライドも巡行スピードは、ゆっくりなんで全然大丈夫です。」
「ガッツリの上りは1つだけであとは、アップダウンが少々(^▽^)/だから全然ゆっくり行けます(^▽^)/」みたいな感じだったので、凄く気楽な感じで行ってしまいました(^_^;)

そこで悟りました。ローディーは、やっぱり詐欺師が多い・・・と(^_^;)

 そうです。全然大丈夫な訳がないんです。だって初っ端の15分でまさかの脚が攣りました(^_^;)
これは、自分が悪いのですが、ちゃんと準備運動をせず、約束の時間に遅れてしまいそうだったので、家から待ち合わせ場所まで脚をぶん回した結果です(^_^;)
(ライドで脚を攣ったのは2回目で、痛いのなんの(^_^;))

 そして今回の行先は、牧馬峠でした。
スタート地点は、ローディーが多い「矢野口ローソン」です。
ルート
ルートは、こんな感じで~す。

牧馬峠に行く途中に、色んな所に連れて行ってくれました。

まずは、「ゼブラカフェ」
ゼブラカフェ3 ゼブラカフェ2
ゼブラカフェ1

初めてお邪魔しましたが、やはりローディーが多かったです。
入口には、大きなゼブラの置物があり、少しビビりました(^_^;)
こんなに大きくなくても(^_^;)

 この時点でもう既にかなり脚がイッてました(^_^;)
薬飲んでも、なかなか効かなくて・・(T-T)

牧馬峠

 牧馬峠の写真です。

私は、途中で脚を着いちゃいましたが、こんな坂をスイスイと軽快に登っていく
今回のローディー君は流石です!尊敬します♪

 続いて、お昼ご飯のお店に向かいながら宮ケ瀬湖も見ました(^▽^)/
見晴らしも良くかなり気持ち良かったのですが・・・ここでまたも失敗・・・
あまりにお腹が空き過ぎて写真を撮るのを忘れちゃいました・・・orz
私は、やっぱり色気より食い気のようです(^_^;)

 そしてお待ちかねのお昼ご飯~~♪お店の名前は、確か太郎?次郎?小次郎?・・・
忘れちゃいました(^▽^)/
でも美味しいご飯は覚えてます(^▽^)/
定食家
これで普通ですから、大盛りなんぞ頼もうものなら、もうバイクは乗れないですね(^_^;)

 そしてオヤツにローディー君のお勧め「パンパティー」
パンパティ2 パンパティ
ご飯を食べて1~2時間くらいしか経っていないのに
カレーパンですよ(^_^;)揚げたてですよ(^▽^)/美味しかったですよ(^▽^)/
完食で~す♪

パンパティーから1~2時間かけて、ゆっくりと出発地点に戻りました(^▽^)/ 

久々のライドで今回のローディー君の凄さを実感しちゃいました(^_^;)
何が凄いって脚が攣ってゆっくりしか走れない私に合わせて楽しく走らせてくれたことと、アテンドって言うらしんですが、先導するのがとても上手で、このローディー君のアテンドならきっと楽しく乗れるだろうなと思ったし、また一緒に行きたいなとも思いました自転車

ただこの日から数日間、私は筋肉痛に苦しんだにもかかわらず、
今回のローディー君は何ともなかったそうです(^_^;)年の差なんでしょうか・・・orz 

次は、どこに行けるのか楽しみにしているchibacoでした(^▽^)/

by  chibaco 自転車

ギュッと広尾!6

taitol_ushi

皆様、こんにちは。 あたくししがない牛ですの。

皆様「リユース」ってご存知?
直訳すれば「もう一度使う」だけれど、つまりリサイクルって事ですの。
今日は広尾商店街で発行している『HIROO walk』のリユースについてご紹介いたしますわ。

まずはこちら
hiroo_blog20170615_reuse1
HIROO walkの表紙をよ~くご覧になって。
そう
hiroo_blog20170615_reuse2
これ(笑)。

hiroo_blog20170615_reuse3
これですの。
さて、リユースって何をしているのかしら?

『限りある部数で更に多くの方にお読みいただく為に、不要となりましたHIROO walkを回収いいたします。』

大事な事なので書き出しましたわ。HIROO walkは無料でお配りしている商店街の雑誌ですの。
とっても読み応えのある素敵な情報誌ですのよ。この雑誌を欲しいと思われる方はとても多いようですの。
読み終わって必要としなくなったHIROO walkの回収、再配布。これが今回の「リユース」ですわ。
回収場所は三ヵ所。舛勝酒店、貴山、広尾和らぎや。
詳しい場所はホームページ内のMapをご覧になってね。

ますは回収店へ行ってみますわ。皆様、ついていらしてね!
hiroo_blog20170615_reuse4 hiroo_blog20170615_reuse5
舛勝酒店、店内。こちらはリユースマークがお店に貼られていませんでしが、回収を行っているお店の一つですの。
回収の仕方は手渡し。今回は美しいご婦人の素敵な笑顔で受け取って頂きましたわ。お店の方でしたらどなたでも受け取っていただけるそう。ささやかですが素敵な交流が出来そう。

hiroo_blog20170615_reuse6
次は、こちら。和食処貴山の店前に設置してあるベンチの上。
hiroo_blog20170615_reuse7
HIROO walk最新号の横に設置してありましたわ。それでは、さっそく入れてみますわ。
hiroo_blog20170615_reuse8 hiroo_blog20170615_reuse9
どうかしら?簡単ですわね。手渡しは恥ずかしいという方はこちらがお勧めですわ。

hiroo_blog20170615_reuse10
最後はこちら。和雑貨、広尾和らぎや。こちらは舛勝酒店と同様手渡しで受け取るそう。実は、回収ボックスを置いていたそうなのだけれど、皆さん手渡しで置いていくそうでボックスは無くしてしまったみたいですの。
hiroo_blog20170615_reuse11
ウィンドウのこのマークが目印ですわ。

小さなことでも皆さん一人一人の力が合わされば大きな事も出来ますわ。
皆様、ぜひご協力なさって。牛からのお願いですわ。

BY 牛
icon_rip

***********
牛の過去の記事
・ギュッと広尾5
・キュッと広尾4
・キュッと広尾3
・キュッと広尾2
・ギュッと広尾1

もくもく

2017年5月18日放送

もくもく 波多野さん写真

ゲスト: 『中華料理x炭火焼 もくもく』     代表 波多野 茂   さん 

「中華料理x炭火焼 もくもく」は波多野茂さんが代表を務め、平成28年9月にオープンしたばかりの新しいお店ですが、これまで親子5世代に渡って広尾でそれぞれの時代に合ったお店を営んでこられました。1代目鉄之助さん、2代目利作さんは左官、3代目実さんはまずは氷や炭などを扱う燃料屋を営み、世の中の電化と共に需要が減ったことから転業を決意して手芸品店「ぼたんや」を開業。戦後のベビーブームにて母親が子供の為に洋服を作ることも多くなると見据えて始めたそうです。実さんは街の少年野球チームの監督としても活躍され、大勢の野球少年から「野球のおじさん」として親しまれました。そして今回のゲストでいらっしゃる4代目茂さんは手芸品店をしばらく営んだ後、知り合いの串焼き店で1年間修行をして平成2年に串焼き屋「もくもく」を開店させました。最初の3年程はバブルの終期であり、連日大勢のお客様が来店し、2時間制で回転させてもかなりのお客様を断っていたそうです。バブルについては平野ノラのお笑いでしか知らない私達にとって茂さんが話してくださる当時の思い出話は驚きの連続でした。そして5代目は星付きレベルの中華料理店2店で約10年修業を積んできた健さん。本格的中華料理とともに、今まで串焼きで使っていた炭火も大切にしたいという思いから「中華料理x炭火焼 もくもく」として再スタートしました。

レベルの高いお料理をお手頃価格で楽しめることが大きな魅力です。「オープンしたての時期も、ありがたいことに、串焼き屋当時のお客様や街の常連さんの来店によって苦しいスタートとはなりませんでした。しかし、今年の2月頃に来客数の落ち込みがあり、写真を載せたメニュー制作など工夫を重ね、だんだんとお店のことが浸透し、お客様も増えました。」と振り返っていました。最近はお客様に入店をお待ちいただく日もある人気店となりましたが、まだまだ街の方の中にもお店のことを良く知られていないとの思いから今回のゲストとして出演してくださいました。茂さんと共にホールを担当されているのは、健さんの妹さんの優さん。広尾散歩通りのホームページ「ひろさん百科」の中にある「広尾のイチオシMORE」で“広尾のヒロイン”として紹介されている素敵な方。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

どのお料理もオススメという事でしたが、特に「よだれ鶏」はイチオシのようです。私もいただきましたが、茹でた鶏肉にピリ辛のたれがかかっていて思い出すだけでもよだれが出そうな逸品です。また、若い女性に人気のパクチーを使ったオリエンタル料理の種類も豊富で、女子大生のお客様もたくさん来店しています。

 茂さんは「串焼き屋の時は大半のお客様が中年の男性でしたが、今は気が付くとほとんどが女性という日も多いんです」と息子、健さんの成功を目の前で見ることができて幸せそうでした。奥様もお店のお手伝いをされている「もくもく」。家族経営の温かい空気の中で、気軽に本格的中国料理を味わってみてはいかがでしょうか。

  放送の最後には、5月21日(日)に広尾散歩通りで開催された「大鮪まつり」と、同じ日に渋谷で開催された「渋谷・鹿児島おはら祭」の告知を行いました。一緒にDJを務めた聖心Radio Station前部長は鹿児島の出身。ちょうど鹿児島からお越しになっていたお母様もスタジオにお迎えして母娘にて鹿児島弁でおはら祭について語ってもらいました。「渋谷・鹿児島おはら祭」は今年で20周年を迎えたそうです。これからも渋谷と鹿児島の深いつながりに期待したいですね。      

 放送は以下のURLでお聴きください。

https://note.mu/shiburadi/n/n688f382745b8

 

(記者:まいまい)

 

「渋谷のラジオ」6月分詳細はこちら

8日の放送は、広尾散歩通りの魅力について語り合う構成です。新旧のお店が上手に融合しあい多くのお客様に愛される広尾散歩通りの一番の魅力は何なのか?広尾に長く住み商いをしてきた者、商店街に隣接する聖心女子大学の学生、またスタジオのパーソナリティーの方々など、それぞれの立場で自由に意見をおっしゃっていただきます。「えっ、そうだったの?」と、地元の人が驚くような意見が飛び出すやもしれません。ぜひお聴きください!

路地裏にて

広尾駅2番出口から、お寺祥雲寺に向かって広尾散歩通りを歩いていると、飲食店に限らない多種多様な店舗の多さに驚き、心踊ります。

 そんな賑やかな散歩通りから一歩路地へ入ると、そこにはいつもの広尾とは全く違う世界が待っています。

縦横に延びる細い道の間には昔ながらの長屋が立ち並び、どこまでも続く静寂は散歩通りからは想像できない程。

坂口 日記写真 1

そんな中でも、このように書道教室をされていたり…

坂口 日記写真 2

 実は先日、知り合いの方を広尾にお招きした際、せっかくだからとこの場所に案内してみたんです。

すると、広尾にこんな懐かしい場所があったのかと、「素敵〜」の連発。

 そして唐突にその方は、ここに似合う曲というのを流してくれました(勿論、住民の方々のご迷惑にならない程度の音量で!)

♪ ゆらゆら帝国 「空洞です」

初めて聴いた曲ではありますが、なんともその場所にマッチしていたのに驚き、そして興奮。

 その場所特有の、日常と非日常の混ざった魅惑的な雰囲気と不思議とゆったりとした曲調が妙に合っていたんですよね…

 個人的には、わずかな間でも浮世離れしてリフレッシュできたとても有意義な時間でした。

 これから何か現実逃避したい時にはここに来よう〜っと!

 

by JD(女子大生)のむーちょ

日々思うこと

広尾の魅力を語る時、多くの方が「新しいお洒落なお店がたくさんあるのに下町の雰囲気を残しているところが良いですね」とおっしゃってくださいます。以前掲載された日記の中にも、広尾でお店を開いたばかりの方が人情熱い電気屋さんに助けてもらった下町たるエピソードを書いていました。商店街から横道に一歩入ればいまだに残る長屋の面影。長い歴史をもつ銭湯もあります。創業100年を超えるお店もいくつかありますが、やはり下町風情を醸し出しているのは、なんといっても広尾に長く暮らす長老たちの心意気ですね。

つい最近、私は念願の一眼デジタルカメラを手に入れました。オリンパスE-PL3という小型のタイプ。それでもこれまで使っていたコンパクトカメラからすればはるかにずっしりと感じます。久しぶりに手にした宝物。なんだか嬉しくてしょうがない。カシャというシャッター音も実に心地良いです

IMGP0056

そのカメラを安価で譲ってくださったのが、広尾商店街の長老のおひとり。カメラは欲しいが何を買って良いのかわからない・・と私がポロっとこぼしたのを聞いて、それなら俺が愛用しているカメラをひとつわけてやるよと差し出してくださいました。アマチュアカメラマンとしては最高の腕前をお持ちの方。HIROOwalk最新号(13号)の「広尾のイチオシ」でもカメラを片手に持ち「いつもお洒落な方」として紹介されています。長年経営されていた花屋を切り盛りしながらも、カメラ雑誌が全盛の頃には、写真コンテストで何度もグランプリを獲っている。現在もさまざまな街に出かけては絶妙のタイミングでシャッターを切り、何気ない風景を一瞬でアートにしてしまう、私にとっては魔術師のような方です。「このカメラで何かわからないことがあったらいつでも聞いてよ」という言葉はどんな説明書より嬉しく、頼りになります。

以前、雑談の中で「広尾の良さってなんでしょうね?」とお聞きした時には「この年になるとやっぱり病院、医院がたくさんあるっていうのは最高だね。でも広尾の良さはなんと言っても人気(じんき)の良さだね。」とおっしゃっていました。辞書によれば人気(じんき)とは「人の生気、活気。また、人々の気配。人が群集してつくりだす気配。人々の気うけ。世間のそれをよしとする感情。」とあります。まだまだ広尾商店街には元気に活躍する長老が沢山います。終戦直後、ほとんど焼野原になってしまった時代から、広尾で生き、商い、広尾を心底愛する。それでいて外から入ってくる新しいものを自然に受け入れる心の廣さ。ここぞという時の気っ風の良さ。このような方達が醸し出す“人気”が、多くの方が感じる「親しみのある下町風情」の源なのではと思うのです。

by  Oyaji  M

 

 

 

 

AEDの豆知識

はじめまして。「ももももも」です。
今回から、広尾商店街の日記に寄稿させて頂くことになりました。
どうぞよろしくお願いいたします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

①AEDとは?
AED(自動体外式除細動器)とは、心臓がけいれんし血液を流すポンプ機能を失った状態(心室細動)になった心臓に対して電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器です。
日本では、救急車が到着するまで約10分かかります。しかし、心室細動を起こすと、1分経過するごとに、約10%生存確率が減っていくといわれています。1秒でもはやく心肺蘇生法を実施することで、助かる命が増えるのです。

②倒れた人を発見したら
倒れた人を発見したら、落ち着いて行動をすることが大事です。
<役割分担>
近くにいる人を指名し、「119番通報をする人」と「AEDを持ってくる人」を決めます。
「あなたは、119番通報をお願いします!」と役割を明確にすることで、素早く行動に移すことができます。
<呼吸の確認>
正常な呼吸をしているか確認します。していない場合は、心臓マッサージを実施します。
<AEDが到着したら>
AEDが到着したら、機械の指示にしたがって電気ショックを与えます。やり方はAEDがしゃべって教えてくれますので、落ち着いて操作をしましょう。
<救急車が到着したら>
救急隊に、AEDと心臓マッサージをしたことを正確に伝え、引き継ぎましょう。

広尾商店街周辺では、次のところに設置されています。
・みずほ銀行 広尾支店 ATMコーナー
・三菱東京UFJ銀行 広尾支店 ATMコーナー
・さわやか信用金庫ATMコーナー
・広尾五丁目交番
「HIROOwalk」No.13に掲載されているMAPにも「AED」のマークがあります!

いかがでしょうか?この機会に、身近にあるAEDを探してみてください。

米澤さん写真 CANVAS TOKYO

(余談)
AEDを探す合間に、CANVASTOKYOで一休み・・・
広尾散歩通りの電灯をバックにパシャリ。
ごちそうさまでした♪