清水翔太 『恋唄』 ナチュラルマート

2021.9.18

オーガニックな食生活を消極的なものと考えるのではなく、アクティブな、おしゃれな生活の支えになれば良いなという思いで、2002年広尾散歩通りにオープンしたオーガニックフード専門ショップ「ナチュラルマート」

お客様ひとりひとりに最適な食生活を提案できるようにと、国内外から厳選した1500種ほどの商品が天然木の棚に所狭しと並び、有機栽培された新鮮な野菜も定期的に届きます。

気になっていたヨーロッパのオーガニックチョコレートを見比べている間にも、次々とお客様が来店します。

常連さんはお目当ての品を手際よくカゴに入れながら、世間話から体の好不調まで、お店の方とのおしゃべりを楽しんでいる様子。お気に入りの大根を大切そうに握りしめてレジに並んでいる方も。

私が子供の頃、夕方になると近所の店先で買い物カゴを下げたおばさんと八百屋のおじさんがあたりまえのようにテンポよく言葉を交わしていた、あのなつかしい昭和の光景を思い出しました。

ここに来ること自体が元気の源となって、日々の生活の1部になっているのですね。

オーガニックな生活を支えてくれるナチュラルマートの存在は海外の方にも広く伝わり、話を聞きつけた方がわざわざ広尾を訪ねて来てくれるのも本当に嬉しいことです、と店主の新井さん。

 

ナチュラルマートは創業の翌年2003年からTwitterで情報を配信しています。

その文面には,さりげないやさしさと共に何やら同じ昭和の香りを感じます。

いつも登場する「#み」とか「#ふ」とは何だろう?と思っていたら、開業以来のスタッフ吉田さんが毎回「いろは・・・」にかけてコメントを作っていらっしゃるとのこと。

最近の写真には、どこかに可愛らしい生き物が隠れているのもご愛嬌。

老眼の私はメガネを外して“生き物”を探しています。

 

 

2021年8月12日のTwitterに

「#清水翔太」「#恋唄」

01:00~01:22

と書かれています。

 

清水翔太ってあの清水翔太なの?

で、いったいどんなご関係なの?

 

実は清水翔太さんの『恋唄』のPVにナチュラルマートが登場しているのです。

広尾散歩通り中程の十字路から店内に入りお買い物をする場面が、スタートから1分~1分22秒の間に収められています。

 

https://www.youtube.com/watch?v=XSilkpvSUfg

 

突然の撮影依頼だったそうです。

 

失恋の切なさを唄った曲。

メロディーと歌声と情景がいつまでも記憶に残る素敵なPVです。

“ナチュラルマート間もなく20周年”の記念イベントになりましたね。

 

創業当時から比べると、オーガニックに対する受け止め方は随分と広がってきた現在、ナチュラルマートは、より多くの方にとって、より大切な場所になっています。

人の温もりを欠かすことなく、

定休日も持たず、

ひとりひとりに最適なものをと初心を忘れず。

広尾散歩通りの宝物のひとつとして、これからも永~くお客様の元気を支えていただきたいお店です。

 

by  Oyaji-M

広尾散歩通りオフィシャルサイトTOPへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広尾商店街の日記一覧へ