箸専門店「兵左衛門 広尾店」6月4日(金)

2021.5.30

 

渋谷のラジオがお送りする地域密着トーク番組「渋谷商店部  お店に行こう!」。

毎月第1金曜日(15:00~15:55 生放送)は広尾商店街が担当し、広尾散歩通りのお店や施設をピックアップして詳しくご紹介します。

渋谷のラジオの聴き方はこちら

 

6月4日(金)の放送はお箸の専門店「兵左衛門 広尾店」をご紹介。

株式会社兵左衛門の細井聡さんをリモートゲストにお迎えしてお話を伺います。

東京メトロ日比谷線広尾駅1・2番出口を出て、広尾散歩通りに入ってすぐ右側にある銭湯「広尾湯」の角を右にまがると目の前が兵左衛門広尾店です。

広尾店は平成19年に広尾散歩通りに開設されました。当時の店名は「にほんぼう」。その時は店舗の場所も現在のゆりの木薬局がある辺りで営業されていて、数年前に今の場所に移転されました。

福井県小浜の漆塗りの伝統を守り、“ お箸は食べ物です ”をポリシーに安全安心なお箸を作り続けながら、様々な独自の取り組みを進めている兵左衛門。

店内には数えきれないほど様々なお箸が種類ごとに、また用途別に美しく並んでいます。

ギフトに使われる方も多いので、素敵なお箱も豊富に揃っています。

 

平成20年の北海道洞爺湖サミット及び平成28年の三重県伊勢志摩サミットで記念品に選ばれたお箸も発見!!

また、日米首脳会談の席では当時のオバマ米大統領に福井県小浜に本社がある同社の夫婦箸が送られたのも有名なお話です。

放送では、破損したバットを再生して作る同社独自の「かっとばし」についても伺います。

日本プロ野球12球団のロゴやペットマークが入ったお箸はファンにはたまらないもの。息の長い人気商品です。

また、東京オリンピックパラリンピック2020公式ライセンスのお箸は今季を逃すと2度と手に入らないもの。記念に買い求める方が後を絶ちません。

独自の取り組みはこれだけではありません。

お箸を使った知育教育もそのひとつ。

詳しくはぜひ放送でお聴きください!

 

兵左衛門オンラインショッピングサイトはこちら

 

番組を聴き逃した方はこちら

 

地域限定放送ですので電波が弱く聴きづらいことがあります。ぜひスマホ専用アプリをダウンロードしてクリアーにお聴きください!

渋谷のラジオの聴き方はこちら

 

広尾散歩通りオフィシャルサイトトップへ

 

 

 

 

渋谷のラジオ 放送レポート一覧へ