広尾散歩通り発着 お散歩コース

2020.10.10

広尾周辺はどこを歩いても快適にお散歩を楽しめます。有栖川宮記念公園をはじめお寺や街路樹など緑が多く、国際色が豊かで安心安全。お隣の麻布はもちろん、ちょっと足をのばせば六本木、白金、恵比寿、代官山、渋谷、青山、原宿なども楽しいお散歩エリアです。途中で立ち寄れるお洒落なカフェも沢山あります。

このコーナーでは広尾散歩通りオフィシャルサイトのスタッフが思い想いのお散歩コースをご紹介します。

 

【祥雲寺山門前~日赤通り~西麻布~有栖川宮記念公園周辺】     約3.7km

臨済宗・瑞泉山祥雲寺の山門がお散歩のスタート地点。広尾散歩通りの中ほどにでんと構える瓦屋根のランドマークです。

散歩に出発する前に、まずは山門くぐって中に入り15歩ほど進んでから振り返って見てください。

有栖川宮記念公園の樹々を背景に広尾橋交差点に向かって伸びる商店街が山門の額縁の中に納まり、絶好の撮影ポイントです。

さあ歩き始めましょう。山門を出てすぐにある老舗ハンバーガーショップ「Homeworks」の角を左に曲がり、聖心女子大学南門に向かって小坂を上ります。道は左にカーブして、右側に石垣を見ながらしばらくはまっすぐ進みます。

左側に祥雲寺の墓地が見える頃に日赤通りと交わりますので、右に曲がってさらに坂道を上ると、落ち着いた雰囲気の中に高級マンションや邸宅が続きます。

チェコ大使館、聖心女子大学正門前を過ぎ、イチョウ並木が始まる頃、通りの名前となっている日本赤十字社医療センターが右側に見えます。その先の左には東京女学館小学校・中学校、右には広尾ガーデンフォレスト。

郵便局を過ぎてすぐの角を右に曲り、ガードマンが常駐する立派なガーデンフォレストのゲート前を過ぎたころから緩やかに下るケヤキ並木が続きます。歩きやすく気持ちのよい道で右側に建つ広尾ガーデンヒルズに隣接する公園にトイレがあります。

突き当りにある左に曲がる急な坂道・堀田坂を下ります。歩道が狭いのでご注意ください。かつては大名家堀田藩の下屋敷に続く道だったとのこと。

江戸時代に多くの下屋敷があったこの周辺には由緒ある坂がたくさんあり、歩道に立つ標識に書かれた謂れを見ながら歩くのも楽しみのひとつです。

下った先をまっすぐ進む道は、外苑西通りと並行して走り、魅力的なバーや飲食店が軒を並べる界隈です。お店に灯りが灯る時間帯はついつい誘惑に負けてしまいそうなところです。

やがて高速道路が走る六本木通りにぶつかり、右に曲がるとすぐ西麻布交差点に出ます。先輩方には「霞町の交差点」と言った方が聞こえが良いですかね。

その角には1985年開業のブレンドアイスクリーム店「Hobson’s」があります。バブル時代にこの界隈で過ごされた方にもお馴染みのお店かもしれません。クレープメニューも揃っています。

交差点を六本木方面に渡ったら右に曲がり、高級焼肉店の前を通り外苑西通りを広尾駅方面に進みます。

間もなく左手にあるカラフルなショーウインドーが日本で一番長い歴史をもつバルーン専門店の「タキシードベア」。

お誕生日やパーティーを盛り上げる様々なバルーンやパーティーグッズが揃っていて、ウィンドー越しに眺めるだけでも楽しくなります。

その先には軽井沢に本店がある丸山珈琲西麻布店があり、ゆったりとした素敵なコーヒータイムが過ごせます。

様々な遊具で子供達が遊ぶ笄公園の前(トイレ有)を過ぎ、数十メートル先の歩行者用信号を左に曲がり、鉄砲坂を上ります。

この坂は途中から北条坂と名前を変え、交番のある交差点まで続きます。

坂を上り切った左手角にあるのが、今では貴重になった街の電気屋さん「フルタデンキ」。電球や蛍光灯などの消耗品も豊富に揃えてあり何かと便利です。

周辺に大使館が多い場所柄、付近にはいつも警察官が立っていて、まさに安心安全。

交差点をファミリーマート側に渡ってから、再度交番に向かって渡り、そのまま愛育クリニック(元愛育病院)前を過ぎたら左折です。

角を曲がったところから(トイレ有)有栖川公園通りを歩きます。

右に有栖川宮記念公園&都立中央図書館、左には日本最古の名門テニスクラブ「東京ローンテニスクラブ」&港区麻布運動場のテニスコートと続きます。

夏から秋にかけては、日が暮れるとそこかしこから聞こえる虫の鳴き声に癒される静かな道です。

その先の小さな十字路を渡ってから右折し、しばらく進むとドイツ連邦共和国大使館前の南部坂を下ることになります。坂の上から正面を見ると手前には南部坂協会、その先に広尾駅方面の景色が広がります。

ドイツ大使館では日本の子供達にドイツに興味を持ってもらいたいという思いから絵画コンテスト「わたしのドイツ」を開催し、大使館前の壁には小・中学生がベートーベンを描いた応募作品の一部が紹介されています(2020.10現在)。ずらっと並ぶ力作はどれも思わず足を止めて見入ってしまうユニークな作品ばかり。お散歩が一段と楽しくなります。

坂を下りきったところにあるのが、外国製品がずらっと並ぶナショナル麻布スーパーマーケット。半世紀以上に亘り世界中の食材を提供している老舗スーパーです。

ここでしか手に入らない商品も多く、日本に住む外国人の方には無くてはならないお店。店内のセルフマシンで作る「ピーナッツバター」は自分だけのオリジナルテイストが出来上がる優れものです。

その先の十字路を左折して右にカーブする道なりに進み、樹齢100年を超える大きなクスノキが駐車場に立つマンションが「広尾タワーズ」。

外からは見えませんが、バーベキュー場や屋外プールも備え、コンシェルジュによるホテルライクなサービスが受けられる高級マンションの草分けです。

緑が続くレンガ舗道を外苑西通りまで進み、東京メトロ日比谷線「広尾駅」がある広尾橋交差点を渡ると広尾散歩通りの入口です。

広尾散歩通りをまっすぐ進めば、正面にスタート&ゴールとなる祥雲寺山門が見え、天気の良い日の夕方は山門の後ろに広がる美しい夕焼けが楽しめます。

いかがでしたか?このコースは適度に坂もあり、歩数計のカウントも結構進むのではないでしょうか。

お散歩の後は、人気のカフェで一休みも良し。歴史ある銭湯「広尾湯」でさっぱりするのも粋ですよ。

今回は有栖川宮記念公園の中は通らないコースをご紹介しましたが、四季折々の自然を満喫できる公園内もぜひお楽しみください!

 

by Oyaji-M

 

 

特集一覧へ