広尾周辺 お散歩&ウォーキングコース PART 2

2021.11.14

秋の新宿御苑へのコース

約4km

広尾橋交差点にある行列の絶えない人気店「トリュフベーカリー」前からスタートしましょう。

東京メトロ日比谷線広尾駅1番出口前を通り、プラタナスが植えられた外苑西通りに沿って西麻布方面に歩きます。

セブンイレブンを過ぎると、右手にはかつて(かなり前ですね(-_-;))のスーパーカーブームの代名詞ともなったランボルギーニがずらっと並ぶランボルギーニ麻布があります。

間口の広いショールームには日により置かれている車種が変わり、ガラス越しのその景観はスーパーカー好きの方にはたまらないものかと。

同じくスカイグループのショールームは道沿いにいくつかあり、ブガッティやマクラーレンなどの高級車が鎮座しております。

その先の笄公園を過ぎ、西麻布交差点にまで来たら、外苑西通りの左側の歩道に渡ってから首都高速3号線の下をくぐる信号で六本木通りを渡り直進します。

その先の二股に分かれる交差点を左カーブして道なりに歩くと、右手高台に青山霊園の樹々を見ながら進むようになります。

車の往来はありますが、季節の移り変わりを感じられる静かな道で個性のあるお店が点在する、落ち着いてお散歩を楽しめるエリアです。

表参道と乃木坂トンネル方面を結ぶ青山橋の下をくぐり、80年代にスキーの大ブームを起こした映画「私をスキーに連れてって」にも登場するSKI SHOP JIROを過ぎて進むと、青山通りと交わる南青山3丁目の交差点のFrancfranc青山店前に出ます。

交差点右前には、青山ベルコモンズの跡地に2020年開業したTHE AOYAMA GRAND HOTELが入るthe ARGYLE aoyamaがどーんと建っています。

交差点を渡るとこのエリアの外苑西通りは別名「キラー通り」と呼ばれています。世界的なファッションデザイナーのコシノジュンコさんが名付け親。

キラー通り商店会のブログによると、近くに青山墓地があったことと1970年前後当時、ピンキーとキラーズが大人気だったこともあり「キラーストリート」と名付けたものを、雑誌などがわかりやすく「キラー通り」と伝えて浸透していったとのこと。

また、当時の英語のスラングで「KILLER」には形容詞として「素晴らしい・素敵」といった意味があったそうです。

現在この通りの英語表記は「kila street」に統一されています。

ブティック・ギャラリー・レストランなどファッションセンス溢れる素敵なお店が並び、ウインドーショッピング散歩にも最高に楽しいストリートです。

さて、坂を下ると東京2020オリンピック・パラリンピックのメイン会場である新国立競技場が右手に見えてきます。堂々たるお姿は圧巻ですが、今後の運営方法がどうなるのかが気がかりではあります。

新国立競技場前から左の道に入り、東京体育館前を通り、JR千駄ヶ谷駅方面に歩きます。

駅前のイチョウ並木も黄葉が進み、落ち葉を踏みしめながら秋を味わえます。

駅を過ぎて代々木方面に歩いて間もなく右に入り、JR高架下をくぐり、道なりに進めばやがて新宿御苑の千駄ヶ谷門です。

広尾駅前からここまでで約4キロのお散歩。意外に近いなと感じられるコースかと思います。

 

今回新宿御苑を訪ねたのは11月23日の休日でしたので、都会のオアシスを堪能すべくたくさんの方で賑わっていました。

どこを歩いても綺麗に手入れがされていて、テーマごとの庭園も流石に見ごたえがあります。

公式サイトには苑内の季節の見どころ情報が掲載されていて、訪れるタイミングを決めるのにとても役立ちます。

四季折々の彩を楽しめる新宿御苑。

次は桜の季節にも訪れたいですね。

2021年2月掲載

 


ピカソ・ファッション・ニッカを楽しむコース

南青山5丁目周辺を巡る

グルメハンバーガー&サンドウィッチのHomeworks前から歩き始めましょう。

すぐ横の坂を聖心女子大学南門に向かって上がり、石垣に沿って道なりに進みます。日赤通りの坂にぶつかったら右に曲がり、瀟洒な住宅街が続く坂をしばらく歩きます。

左にチェコ大使館を見て、しばらく進んで右に聖心女子大学正門前を過ぎたところからは立派な幹のイチョウ並木が続きます。

日赤医療センター正門前の歩行者信号まで来たら、交番に向かって左に渡り、東京女学館に沿って坂を下ります。

下り切ったら右折。ここは落ち着いて歩ける静かな道です。

そのまま道なりに進み、左の角に常陸宮邸がある東4丁目交差点まで進んだら右に曲がります。

首都高速が上を走る南青山7丁目交差点まで上って来たら、横断歩道のあるガソリンスタンド側から六本木通りを渡りましょう。

渡り切ったら、少し左(渋谷方面)に進み、右斜めに入る道を150m程歩くと左側に2020年にオープンしたヨックモックミュージアム(港区南青山6-15-1)があります。

ここまでは広尾散歩通りから20分程の約1.3kmの距離。

「家に友人を招くような美術館」のコンセプトのもと、ピカソのセラミック(陶芸)作品のエディション(ピカソの許可のもと制作された複製品)を数多く展示。

作品と共に、ピカソが実際にセラミックを制作している映像も流れるため、人間ピカソを身近に感じられます。

わかりやすい、笑みのこぼれる作品も多く、「家」を意識したコンパクトな展示スペースのサイズ感も相まって、お散歩の途中で立ち寄ってご覧になるのも楽しいはず。一度にこれだけのピカソ作品に囲まれる幸せを感じられます。

作品へのスポットライト以外は極力照明を落とした地下1階と、対照的に明るい自然光の中で鑑賞ができる2階が展示スペース。

1階にはショップと共にヨックモックのハイエンドブランドのミニャルディーズ(小さなお菓子)を味わえるカフェも併設され、展示スペースには入らずカフェのみの利用もできます。

ミュージアムを出たら、骨董通りに向かいましょう。

骨董通り、根津美術館のある美術館通り、プラダなどのブランドがショップを構えるみゆき通り、それに幹線道路の青山通りに四方を囲まれた南青山5丁目エリアをお好きなようにお歩きください。

横道も含めて、どこを巡っても最先端のファッションやインテリアショップが競い合うように軒を並べ、お洒落が溢れるている界隈です。

歩いている方たちやショップのショウウインドウを眺めるだけでも旬なコーディネートを学べそうです。

N.Y.の “Blue Note”を本店に持つ日本のジャズの殿堂「Blue Note Tokyo」がある美術館通りからちょっと小道に入ったところには、世界的な芸術家、岡本太郎が42年に亘って暮らしていたアトリエを改装した岡本太郎記念館(港区南青山6-1-19)があります。

青山通り沿いのビルの屋上に2021年10月に設置された3D映像の広告は、BMWが仕掛けたもの。車が飛び出してくる?その迫力に、初めて見る方はきっと足が止まります。

広告が設置されているビルからは反対側のスーパー紀伊国屋前の歩道からご覧ください。

骨董通りに面して建つニッカウヰスキー本社(港区南青山5-4-31)の地下には、名店「ニッカブレンダーズ・バー」があります。ここでしか味わえない各種ブレンドウイスキーを始め、ニッカウイスキーが堪能できる雰囲気のある老舗バーです。

6種のウイスキーが並ぶテイスティングセットを楽しめるのもこのお店ならでは。お料理も充実していますから、お散歩の後にピカソやファッションの余韻に浸りながらゆっくり過ごせる大人のスポットです。

クリエイティブな刺激に囲まれ、ファッション好きにはたまらない南青山5丁目エリア。

そこから表参道はすぐおとなり、青山学院大学、国連大学前を歩けば渋谷もすぐです。飲み過ぎていなければ徒歩20分ほどで広尾散歩通りにも戻れる“はず”です。

ただ、どちらに向かうにしてもアルコールが絡む「大人のお散歩」に出かける際には “ 万が一(笑) ” に備えて余分にタクシー代も忍ばせておきましょう。

念のため・・・です。

2021年11月掲載

広尾散歩通りオフィシャルサイトTOPへ

 


「広尾から徒歩で海釣り」コース 

天現寺橋交差点→田町駅→レインボーブリッジ下の芝浦南ふ頭公園

片道約4.5km

このコーナーの散歩は「広尾周辺」となっておりますが、今回のコースは「広尾」からスタートはしますが「周辺」からはかなり逸脱しております。

広尾から歩いて海釣りに行けるの?景色もそんなにすばらしいの?えっ、都心なのにそんなに釣れるの?と好奇心が膨らんだ末のコースなのです。何卒ご容赦ください。

まずは明治通りと外苑西通りが交差する天現寺橋交差点からスタートして右に首都高速2号目黒線を見ながら、明治通り沿いに歩きます。首都高速天現寺入口、光林寺、四の橋と過ぎ、巨大マンション「白金ザ・スカイ」の建設が進む古川橋まで進むと、ここが明治通りの終点です。

突き当りのT字路を左に曲がって道なり進んだら中華料理「麻布菜館」前の歩行者信号で右に麻布通りを渡り、首都高速の下をくぐります。

三の橋辺りも首都高下にすっぽり入るために下を流れる古川に光が入らず寂しい光景です。

トヨタ販売店前を過ぎて桜田通りに出たら、歩行者信号を渡り、左に進むと三田4丁目交差点。

交差点を右折して、いつまでも大人気のラーメン二郎、慶応義塾大学三田キャンパスを左に見ながら、右斜めに入る地蔵通りを進みます。

東京タワーを左に望む三田通りもそのまま渡り、JR田町駅方面へと向かいます。時間によっては多くの慶應大学生・高校生で賑やかなエリアです。

飲食店が並ぶ道を少々進んだところで右手にある階段で国道15号をまたぐ陸橋に上がり、そのまま田町駅の西口からコンコースを通り東口に抜けます。

一昔前(かなり前ですね(-_-;))の東口の風景とは打って変わって、スーパーマーケットのLIFEも入る大きなビルも達ち、飲食店も人通りも多いエリアです。

そのまま道なりに進み、運河に架かる新芝橋、渚橋を渡るとタワーマンション群が建つ芝浦アイランドです。

四方を運河に囲まれる島のようなこの埋立地一帯に2007年以降、複数の事業体による高層マンションが竣工しました。運河沿いには遊歩道が整備されています。

汐彩橋を渡ったところにセブンイレブンがありますからクーラーに入れる氷などはここで購入すると良いでしょう。

首都高速羽田線が頭上を通る海岸通りを渡ると人通りもまばらとなり、建物の間からは、てっぺんまで126mの高さがあるレインボーブリッジの主塔が見えてきます。

世界中の大型船が往来する東京港らしく、何隻ものタグボートが停泊する波止場を右に見ながら道なりに進むと、ややくたびれたレインボーブリッジ遊歩道の看板が立っています。

コインパーキング側の歩道に沿ってレインボーブリッジ下方面に進めば目的地の芝浦南ふ頭公園に到着です。広尾から1時間と少しといった距離でしょうか。

公園からの景観はまさに絶景です。

平日の夕方ということもあり釣り人も少な目でしたが、日曜・休日には家族連れも多く、L字型の公園の釣り座はレインボーブリッジ側、運河側ともに沢山の釣り人で埋まるほどの人気です。

東京のど真ん中ですが、サバ、アジ、コノシロ、サッパ、シーバス、クロダイなどが狙え、条件が揃えば、サビキ仕掛けで25センチほどのサバや大ぶりのコノシロの数釣りができる公園です。広尾からこんなにも近いところでサバが釣れるとは驚きました。

空気を読みながら(笑)ですが、初めて出会った方とも「釣れますか?」の一言で気軽に楽しいコミュニケーションが始められる公園は貴重です。

恵比寿から自転車で釣りに来ていた方、練馬から車で通っている方にも出会いました。

ふ頭の角地を利用した、さほど広くはない公園ですが予約制の運動場とドリンク自販機&トイレを完備し、開園は8:00~21:00まで。

ルアーも含め投げ釣りは禁止などルールはしっかり守って楽しくお過ごしください。公園近くに釣りエサは売っていませんので事前に用意しておく必要があります。

この辺りはフォトスポットが満載のエリアです。

都会の構造物が作るスキマは時として素敵な光景を生み出します。

帰りがけには、街路灯のやさしい光に照らされて、芝浦アイランドの雰囲気ある遊歩道を歩くのも良し。

また、ゆりかもめ「芝浦ふ頭駅」も公園から徒歩数分の距離ですから、車窓からの景色を楽しみながらお帰りになるのも一考です。

大漁の時にはクーラーも重くなりますからね。

 

最近お散歩の時に履いているシューズは広尾散歩通りにある「タダスポーツ」店長イチオシのアシックス「GEL FUNWALKER 214」。

衝撃を和らげてくれる適度なクッション性が心地よく、とっても軽いこのシューズは往復10km近いウォーキングにも最適でした。

頻繁に長距離を歩くことがない方は、行きはヨイヨイ、帰りはヘトヘトとなりかねないですからシューズ選びも大切かと思います。

今回はレインボーブリッジの遊歩道には上がりませんでしたが、ブリッジ上からの眺めは最高です。お時間がある時にぜひトライしてみてください。

 

2021年11月掲載

 

 

広尾散歩通りオフィシャルサイトTOPへ

特集一覧へ